ち・よ・こ・れ・い・と

映画のタダ券が手に入ったので見てきました
チャーリーとチョコレート工場
ティム・バートン監督とジョニー・デップの言わずもがなのワーナー一押し映画。

あ、私は特に映画通とかでもなければ、映画おたくでもないので
一般素人としての感想を書かせてもらいまふ。
ネタばれあるかもなので この先注意です!
でもあえて隠したりしない( ´ー`)y-~~ふふふ。

個人的にティム・バートンもジョニデも大好きなので
面白かったです(*´д`*)
途中何度かひとりでこっそり爆笑してたのはココだけの話。
ああいうストレートなファンタジーは大好き。
「ビッグ・フィッシュ」みたいなちょっと大人のファンタジーも大好きですが(ラストは感動;;)
「チャーリー~」は子供に見せたい1作品ですね~。

スリーピー・ホロウ」や「シザーハンズ」「ナイトメア~」も当然ツボなんですが
新たなツボ発見って感じ。
でも、お金のかかったセットとかみると「ここまで遊び心を持ってお金に糸目をつけずに映画作るって楽しいだろうなぁ・・・」
とちょっとうがった見方をしてしまう自分がいたり(苦笑)
チャーリーもウィリー・ウォンカもステキなキャラクターで言うこと無しでしたが
キャラクターでいうと一番のツボはなんといっても
ウンパ・ルンパ!!
まさにスペースチャンネル5の世界でした!(←大好きなゲーム)
もうダニー・エルフマンの最高の音楽とウンパ・ルンパの顔と踊りにやられました(*ノ∇`)ムヒャー!
やっぱりキャスティングって大事だなあとつくづく感心。
ティムの映画のキャスティングはいつもツボつきまくられてます。

そして映画音楽も大事!
近々ビデオ&DVDが出る「ハウルの動く城」もそうなんですが
映画にぴったりはまる音楽があるともうそれだけで映画ってワンランクアップしますよね。

ていうかね、

ウォンカのチョコレート食べさせろ!!ヽ(`Д´)ノ

が一番言いたかったことかな!
たとえ中身がME○JIチョコでも劇場でパンフレットと一緒に置いてあったら
見終わった後に絶対、速攻、確実に買う(゜д゜)
ティムの映画のキャラクターグッズって癖になるからやばいやばい・・・。

さて、今夜の夕飯はキャベツのスープでチャーリー気分にひたってみるかな・・・。
と思いつつ帰り道に近所の中華街でチャーハンとパイコーメン食べてしまいました(・∀・)
[PR]

by paikaje | 2005-09-22 19:28 | 日常  

<< 水没 ちっちゃい系 マクロ天国 >>