タグ:ダイビング ( 11 ) タグの人気記事

 

ハンマー見てー!

e0073418_21115675.jpg

↑の写真はただのネムリブカなんだけどもね(*ノ∇`)
前に神子元とかで撮ってたハンマーの写真は
Macちゃんに納まってて画像引っ張り出すのがメンドーなので
以前、F井ちゃんと沖縄で潜ったネムリブカで誤魔化してみました。テヘ。

ニュースでハンマーの話を聞いたらさ
そろそろ神子元にいかなきゃーなんて思うわけですよ。うん。
数百匹ですってよー奥さん!
潜りてー!

どわ~~っと流れてくるハンマーの群れを下から眺めるもよし、
ほわほわと泳いでていきなり群れの斥候に出くわすもよし、
ガンガン流れてる中でカレントフックをピーンと張りつつハンマーになりきり
ハンマーに睨まれるもよし。

ハンマーのなにがいいって
あの腹筋。
とーーーーくからでもキラリと光る腹筋を見つけたら
もうアドレナリン出るね!
神子元でよく見かけるメジロザメとは明らかに違うあの腹筋。
うっとり・・・。
Excite エキサイト : 社会ニュース <サメ騒動>福岡・古賀の海岸に…沖合で数百匹
[PR]

by paikaje | 2007-08-01 21:11 |  

気持ちが逸る\(゜ロ\)(/ロ゜)/

e0073418_13201682.jpg

さっき沖縄のスーパー水陸両用ガイドF井ちゃんから電話がキタヨ。

F(´―`)<元気?9月どうなってるのかなって思って電話したよー。

P(・ε・)<元気元気!9月行くよ!

F(´―`)<うんうん。えとね(ダイビングで慶良間まで乗る為の)大きい船が連休で
       (予約が)いっぱいで取れなかったんだけど

P(・ε・)<うんうん

F(´―`)<いつものあのハゲのおやじの船覚えてる?

P(・ε・;)<ハゲって・・・。F井ちゃんもつるつるに剃ってるやん(笑)
       てかほとんど親子…もぐもぐ…
       あの犬溺愛ハゲ船長は忘れようにも忘れられませんって。

F(´―`)<うんうん。で後でハゲ親父の船に連休中に乗れるかどうか
      頼んでみるからー。また夕方電話するねー。

P(・ε・)<はーい。よろしくお願いしまーす。

F(´―`)<でさ

P(・ε・)<うん?

F(´―`)<今、慶良間に来てるんだけどさ

P(・ε・)<おー、いいっすねー!

F(´∀`)<さっき、ちょーデカイ ナポレオン見ちゃった♪

P(゜д゜)<ぬお!まじっすか!

F(´∀`)<昨日はネムリブカじゃない ヤバイやつの方のでっかいサメにも遭ったヨー♪

P(゜Д゜)<まじっすかーー!ずるい!!連れてけ!!

F(´∀`)<あー じゃー また夕方連絡するねー♪

P(゜Д゜)<自慢逃げか!!F井!!


====電話 糸冬 了 =====

P(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻9月に会ったら背中に紅葉の花を咲かせてやる!!

あーー9月楽しみ!!

〈ということで今日の写真は慶良間に潜ってるF井ちゃん〉
[PR]

by paikaje | 2006-08-24 13:38 |  

ということで冷える話 後編

e0073418_2171620.jpg

(今日の写真はパラオで撮った1枚)

てなわけで バンザイドロップオフにエントリーした私ですが

流れがほとんどないとは言っても
そこはやはりバンザイ。
ジャイアントエントリーしたら即ジャックナイフ潜りで海中へ。
潜行しながらなんとな~く「う~ん、流れてるキガスル・・・」
と思いつつ
(`・ω・´)何があっても絶対離れないゾ。
と意気込み
Fガイド氏の背中を金魚のフンの如くピッタリマーク。
(私にもこんな可愛い時期があったのよねぇ…しみじみ(´―`))

そしてついに問題の海中へ!!気になる人はココをクリック!
[PR]

by paikaje | 2006-07-27 22:53 |  

夏の海のちょっと冷え~る話 前編

e0073418_2241473.jpg

それは6年前の7月のサイパンのお話です。

サイパンってやっぱり戦争の傷跡がどうしてしっかり残っている島なので
陸でも海でもある意味怖い話はたくさんあるわけですね。

そんなサイパンでの初ダイビングを翌日に控えた
前の晩。
ベッドで寝ている私はしっかり金縛りに遭いました。
そこらへんから既に予兆があったというか
予告されてたというか・・・。            

そんな感じの話が読みたい人はここを クリック!
[PR]

by paikaje | 2006-07-26 23:35 |  

タイミングと縁

e0073418_22342185.jpg

今日、久しぶりのダイビング友達と一杯飲んできた。

あぁ、やっぱり海はいい。

そして海で知り合った友達はいい。

久々にどっぷり海の話で盛り上がったら
なんだかいい気分で酔っ払って
いい感じで癒された。


そんでもってゲーム仲間でも恒例の海オフの話が。

やっぱ、海はいい。


先日、亡くなった私の大事なダイビングのパパも
きっとそんな海が好きだったと思う。

海はいいよね。

私の夢はやっぱりいつか大好きな人と海の近くに住むことだな。
うん。


でもって 只今よっぱらってまっす(*`∇´*)ヾ

〈写真は数年前にパラオか沖縄で撮った白化しつつある珊瑚〉
[PR]

by paikaje | 2006-07-23 22:34 |  

天祈

e0073418_20282175.jpg

今日、一通の訃報が届きました。

私のダイビングにおいての父。

いつも「パパ」と呼んで
海以外でもデートしたりして
本当に二人目の父でした。

1年ほど前から胃がんを患い、
59歳という若さで先週、天に召されました。

今日1日は正直何も手につかない
考えれば、後悔の念が押し寄せるだけで
「最後に会いたかった」と思うばかりです。

海でも、陸でも精神的にも
いつも助けてもらってました。

パパ。
また会う日まで。
今までたくさん、ありがとうございました。
[PR]

by paikaje | 2006-07-03 20:39 |  

白い月

e0073418_2194680.jpg
今日の携帯写真は実は今年の5月に撮ったやつデス。

海に潜るようになる前から月を見るのは好きでした。
夜は空を見ながらよく歩いてます。
星とか月とか、夜空の雲とか
ショーウィンドウを見てるより空見てますね。

昼間でも雲ひとつない空とか
夕日に照らされてる雲とか
キラリと光るちっちゃな飛行機の光とか。
人の話もうわの空で、空見てたりします。
ごめん。


海に潜るようになってからは特に月の満ち欠けが気になって気になって。

海バカの私にとって「満月の大潮」
ここがポインツ。

一歩間違えると海の藻屑になりそうなダイビングが
実は怖くてやめられない。

いつか死ぬかも(笑)

あの潮の流れの前には人間ってほんっとに無力。
親指の爪の先ほどの小さな魚でさえ
潮流の隙間をぬってじっと岩陰で耐えられてるっていうのに。

カレントフックが外れたら一気に
バビューン!と飛ばされちゃうくらい人間ってか弱い。

けど、あのカレントフックからスルーッと伸びた1本の紐で
凧のように潮流に身を任せて飛んでいるとき

ひたすら爽快。

そんな体験ができる海は基本的に危険なので
海がご機嫌でコンディションがばっちりでないとなかなか出会えない。

あの
「飛ぶ」という感覚を味わっちゃうと
辞めらんないね。うん。
[PR]

by paikaje | 2005-12-28 21:33 | 日常  

沈船

e0073418_143519.jpgこの写真はGuamの湾内のアメリカンタンカーってポイントの沈船。
めっちゃメジャーで初心者向けの沈船ダイビングができるところ。
常に濁ってるグアムの湾内で 
まぁ比較的浅くて それなりに初心者ダイバーの冒険心を煽ってくれるシチュエーションのポイントかな。
もちろん、船内の奥には入れないけど
操舵室付近が通り抜け出来たり、上の深度が浅いところは出たり入ったりが可能。
それでも水底は40Mなので要注意です。

e0073418_13453732.jpgグアムには他にも沈船ポイントがあるんですが
例の戦争中に沈んだものが多く
それなりにいわくつきの怪談話もたくさん聞けたりして。
有名なのが東海丸とか。
私が行った時、丁度運悪く東海丸に潜ったアメリカ人ダイバーが事故を起こしてて
それが東海丸での沈船ダイビングだったと。
地元のアメリカ人ガイドさんはゲストの要望でも東海丸は潜りたくないと言ってました。
「あそこは引っ張られるんだよ」
なんてマジな顔で怖いこと言ってました。

もうひとつ木津川丸とコーモラン号も怖いポイント。
戦時中に沈んだ船ってやっぱそれだけで怖いですよね。

怖いといえば、一番はサイパン。
いや、サイパンの海は大好きです!めっさ好きです。
パラオの次に好きって言ってもいいくらい好き。
あの透明度と海中の素晴らしさは最高。

でもね、2度と潜りたくないのがBanzai Drop Off。
長くなるので別の機会にいずれお話しますが
あそこで体験した怖さはたぶんもう2度とない・・・。

そうそう、サイパンの沈船でおススメなポイントがあります。
Ship Wreckというポイントですが なんと水深10Mのところに
朽ち果てた沈船の残骸が転がってるのです。
ほとんど原型がないくらいなんですが、水深が浅いので明るいし白砂が綺麗で
魚がめちゃめちゃ群れてて初心者にもちょーおススメ。めっちゃ綺麗です。
ここは数ある沈船ポイントでも全然怖くないです。
サイパンでおススメのダイビングショップBlue HorizonさんのHPに
ダイビングポイント紹介があるのでチェケラ。
ここの写真はオーナーでメインガイドさんでもある福島さんの撮影したものばかり。
ちょーーーー綺麗です!
ガイドとしても写真家としても尊敬してやまない人の一人です。
サイパンいくなら是非福島さんのガイドで潜ってみてー!
は!話がズレタ。

と、まあそんなわけで
パラオやフィジーがどうにもいけそうにないので
サイパンあたりで手を打とうと考えてる今日この頃なブログなのでした まる
[PR]

by paikaje | 2005-11-29 23:27 |  

水没

e0073418_11513232.jpg水中で写真を初めて撮ったのはダイビング7本目のまさに講習中でした。
私は最初BSACでCカードを取ったのですが
NOVICE 2の講習を受けていたとき(PADIでいうところのオープンウォーター(OP))
講習内容に「水中カメラ」ってあるんですよね。
ま~今考えたらBSACの「余計な」海洋実習講習なんですがw
内容も適当に写真撮って遊んでただけでしたしね(´―`)
講習を申し込んだときに、キャンペーンだかなんだかで
器材やウェットとかま~よくある手に騙されて色々買っちゃったわけですが
「おまけ」でやっすい自動巻きカメラとちゃちいハウジングをセットでくれたわけです。
プール講習のときにちょっと使い方やハウジングの取り扱い方とか教えてもらい
「あとは沖縄で楽しみながら色々撮ってみな~(゜∇゜)」と。

台風が接近してる沖縄本部のゴリラチョップのちょっと視界不良なビーチで
一応「3種類以上の魚を撮る」という趣旨でN IIの水中カメラ講習開始。
わくわくどきどきしながらオヤビッチャとかアオヤガラを一所懸命撮って 
あっという間にフィルムがなくなってた記憶があります(笑)
その日から潜る度にカメラ持参。
未だに現像されてないフィルムとかも実は残ってるんですが(苦笑)めちゃめちゃ撮りまくりました。
カメラの楽しさに段々魅了されていって、いずれニコノスとかEOSとか
使えるといいな~と夢を膨らませながら自動巻きカメラをセコセコ使ってました。

e0073418_12462441.jpgんが、それはダイビング88本目のグアム。ポイントはAmerican Tanker。
初グアムでウキウキで1本目ジャイアントエントリーでどっぱーーんと意気揚々と海に入ったー!と思った途端・・・・
悪夢が目の前に・・・・。

潜る直前まで確かめたはずのハウジングがあざ笑うかのように
ぱかぁ~~~~んと開いたんです。
Σ(゜Д゜;)げえぇっ!
と思ったのもつかの間
ほわららら~~っとハウジングから出たカメラが沈んでいきます。
(この先はかなり危険なので誰も真似しないように)
一瞬カメラは諦めよう。と思ったのですがコンマ1秒で脳内救出モードに切り替え
速攻ジャックナイフでカメラを追いかけ水深10メートルで救助。がっちりキャッチ。
(緊急潜水しても、浮上だけは絶対ゆっくり浮上すること←守らないと死にます)
なんとかカメラ救出に間に合ってぽか~~っと浮上してボートを見上げると
ボートキャプテンのビルさんがゲハゲハ爆笑中。
「Nice rescue!(≧∇≦)b」
と水没したカメラとハウジングを受け取って
「いい1本目だったね!2本目はゆっくり楽しんでおいで!(爆笑しつつ)」(´∀`)ノシ
と、本当は1本目のエントリーを温かく見送ってくれました・・・( TДT)トホホ
カメラは当然水没、塩でガビガビ。燃えないごみになりました。

その後、やっぱりカメラがないとどうにも手持ち無沙汰で
楽しさも半減しちゃうので、丁度メジャーになりつつあったデジカメを一大決心で購入し
以後、オリンパスデジカメのトリコに。

水中カメラの利点って、やっぱりダイビング技術が向上するところかな~。
中性浮力とかもね、普通に潜るよりも早く上達すると思いますよ。
砂を巻き上げず、流れに負けず、気まぐれな行動をする魚への忍耐をつけつつ
気が付くと「あれ?私って中性浮力とれてる?」ってことに。
こういうのって頭で考えるより「気が付いたら体が慣れて出来てた」ってことがよくありますよね。
そのとっかかりとして カメラは水中世界の楽しさを広げる意味でも
おススメします!(・∀・)ノ レッツトライ 水中撮影!

★今日の1枚目はパラオ・ブルーコーナーのバラクーダの群れと戯れるダイバーの様子。
2枚目はパラオ・ジャーマンのマダラタルミの捕食中の群れ。
[PR]

by paikaje | 2005-09-23 09:00 |  

きっかけは~・・・

そこは石垣島
初めての沖縄ではじめての南の島。
彼の仕事の取材旅行にくっついてなんとなく来ちゃった初夏の石垣島。
取材とはいいつつ、レンタカーに乗ってあちこち遊びまわっていただけっていう
よくあるパターン。

彼と彼の仕事のパートナーと私と3人で
パイナップル食べ放題したり、石垣牛食べ放題したり
琉球料理食べ放題したり、島マンゴーに感激したり
(食ってばっかやん!!って突っ込みはわかりきってるので無しで(´∇`))
初沖縄満喫しまくって満足してた中

「海に入ろう」

それまで特別海が好きってわけでもなく、1年に1回海水浴するくらいで
沖縄に行くってことになっても彼に「向こうで海入るぞ」って言われるまで
うの字も頭になかった私。
旅行前の準備でスポーツ用品店で3人で水着やらシュノーケルやら買っちゃって
私以外の二人の頭は既に石垣の海の中。

そして石垣島の海岸。
人もあまりいない独占状態の海岸を発見して二人に引きずられるまま
初めて見る透き通った透明な海にびびりつつ
シュノーケルとマスクを借りて水深30センチの海を覗いたら

(゜д゜)・・・

・・・Σ(゜Д゜)

うおー!ヽ(゜∀゜)ノ 綺麗な魚がいっぱいいるーーーーーー!!!

まさに初めて見る竜宮城でした。

もう楽しくて楽しくてあんなに楽しい海は生まれて初めてでした。
今思えば、ルリスズメダイやオヤビッチャやロクセンやキビナゴあたりに感動しまくってたんですが
このときからふつふつと「もっと海の中が見たい」という感情が芽生えたんですねぇ。

これが6年半前。

当時の彼とはその後仕事がらみで破局し(*ノ∇`)
おかげで身軽になってダイビングへの道に進むことになったわけです(笑)
タイミングが色々よくって、たまたま通ってたスポーツクラブにダイビングコーナーがあって
よくある無料カウンセリングみたいなのにひっかっかって
ずるずるとCカード(ダイビングライセンス)を取得してどっぷりと・・・。
そして現在の海好きバカ一代ができあがったわけです。ハイ。

Cカードを取得してからのダイビング人生はおいおい語っていくとして
私の海人生の原点は 石垣島の人気のない海岸でした。というお話。

あ~ 石垣島行きたくなってきた!!
[PR]

by paikaje | 2005-09-14 13:46 |